グループホームを知ろう

グループホームの特徴と転職のポイント「履歴書の書き方」

おすすめ記事 介護職員初任者研修

履歴書を書こう

丁寧に書くか、パソコンで作成しましょう

履歴書を書く前に「丁寧に書こう」という気持ちを持つ事が大切です。手書きの文字から書いた人の性格や思いが伝わってしまうからです。雑に書きなぐった文字からは、「雑な性格」「やる気のなさ」「粗暴さ」などが伝わってしまいます。丁寧に書く事で、例え文字が上手に書けなくても「真面目さ」や「やる気」を伝える事ができます。
黒のボールペンまたは万年筆で丁寧に書くようにしましょう。誤字や脱字をしてしまった時は面倒かもしれませんが、修正をせずにはじめから書き直すようにしましょう。どうしても手書きで文字を書くのが苦手という人は、パソコンを使って文字入力をする方法があります。パソコンなら文字を書き損じてもすぐに修正をする事ができますし、入力した内容は保存しておけますので、何度でも印刷をして使いまわす事ができます。「パソコンを使える」という証明にもなりますので、応募先によってはパソコンで作成した履歴書の方が高く評価される事もあります。

丁寧に書くか、パソコンで作成しましょう

証明写真が勝負を分けます!

履歴書に必ず貼り付けるのが「証明写真」です。履歴書の中でも採用担当者が注目しやすいポイントになりますので、しっかりとした写真を作成するようにしましょう。写真を見た時に「会ってみたい」と思わせる、好感度の高い写真を作りましょう。プロの腕を借りるという意味で、写真館を訪れて証明写真を撮影してもらうのがベストでしょう。撮影に臨む時はスーツやジャケットなど、面接に行く時の服装を選びましょう。メイクも濃くなりすぎないようにナチュラルメイクにします。アクセサリーも外した方が清潔感が出やすいのでおすすめです。写真館ではカメラマンから好感を得やすい表情の作り方などの指導があります。自分で撮影する場合は「背筋を伸ばす」「顎を少し引く」「口角を上げる」など、感じが良く映るように工夫してみましょう。

証明写真が勝負を分けます!

志望動機をしっかり作成しましょう

採用担当者は丁寧な文字で書かれている履歴書を手に取り、証明写真を見て感じが良いと思ったら次に「志望動機」に注目するはずです。なぜなら「なぜ自分の会社で働きたいと思ったのか」は、採用担当者がいちばん知りたい所だからです。
志望動機を作る時は「やる気」と「具体的な貢献ポイント」をミックスさせる事が大切です。ただやる気があります!というだけの志望動機では、採用担当者の心に刺さりませんので注意しましょう。介護職として経験がある人は、介護経験を新しい職場でも活かせるという点をアピールしましょう。家族の介護をした経験がある人は、その経験を新しい職場に活かせる事をアピールします。また自分の長所を活かせる事をアピールするためには、新しい職場の仕事内容や職場の雰囲気について知っておく必要があります。そのため、事前に新しい職場の情報を集めておくようにしましょう。

志望動機をしっかり作成しましょう
Copyright (C) 2018 グループホームを知ろう All Rights Reserved.