グループホームを知ろう

グループホームの特徴と転職のポイント「面接対策」

おすすめ記事 ケアマネジャー

面接で気をつけたいこと

服装を整えましょう

介護業界で働くためには、まず面接を突破することです。面接は転職活動の重要ポイントですので、きちんと事前に準備をして臨みましょう。「服装」はきちんと整える事が大切です。転職先の事業所によって「私服でも大丈夫です」といわれる事があります。その言葉を信じてカジュアルな服装で面接に臨み、あまり良い印象を持たれなかった…というケースもありますので、面接に臨む時は、基本的に「スーツ」を着用するのが無難です。スーツと白いシャツ、革靴の組み合わせがベターでしょう。もしスーツ以外の服で行く時もジャケットと白いシャツ、など限りなくフォーマルに近い服装を選びましょう。また、アクセサリーは職業柄、外して行った方が良いです。ネイルや派手なメイクも避けましょう。

服装を整えましょう

質問に備えましょう

面接で採用担当者に質問される事はほとんど決まっています。まず間違いなく聞かれるのが「志望動機」です。そして転職希望者の場合は「退職理由」もそれとなく聞かれる可能性が高いです。退職理由はもしかしたらネガティブな理由かもしれません。「以前の職場の人間関係がひどかった」「上司が相談に乗ってくれなかった」などの理由です。しかし面接で退職理由を聞かれた時に、ネガティブな理由を話すのは避けましょう。「新しい職場でも同様の不満を持つかもしれない」と思われる可能性が高いからです。
また「いつから勤務できるか」についても間違いなく聞かれます。面接に臨む前に「いつから働けるか」「残業はできるか」「夜勤はできるか」など、就業条件についての答えを決めておくようにしましょう。

質問に備えましょう

志望動機を作っておきましょう

「志望動機」をきちんと話す事ができると、採用担当者の評価が高くなります。そのためにもまずは転職希望先の職場について、情報を集める事が大切です。さらに自分の長所や以前の職場での経験をピックアップしておきましょう。
転職先の職場の仕事内容の中で自分の長所や経験が活かせる事は何かを考えて志望動機を作ります。「人と触れ合うのが好きなので、この施設に入居している高齢者と触れ合うのが楽しみで応募しました」という感じです。「以前も介護業界で働いていましたので、その経験を活かして即戦力として活躍したいです」という風に、「熱意」や「やる気」をプラスするとさらに良い志望動機になります。

志望動機を作っておきましょう

職場見学のチャンスにしましょう

面接会場が職場になる場合は面接の際に「職場見学」もしておきましょう。実際に介護施設を歩いてみる事で、どのような職場なのか、人間関係はどうかなどを知る事ができますが、それは求人票などからはうかがい知る事ができない貴重な情報になるはずです。自分がその場で働いている事を想像し、ポジティブに思えるかどうかを確かめてみましょう。面接を受けるのと同時に自分も職場の審査をするような気持ちを持つ事が大切です。

職場見学のチャンスにしましょう
Copyright (C) 2018 グループホームを知ろう All Rights Reserved.