グループホームを知ろう

まずはグループホームの特徴と基本を紹介

おすすめ記事 仕事内容とお給料事情を知ろう

グループホームについて紹介

グループホームについて紹介

グループホームとは、「認知症対応型共同生活介護」と呼ばれる施設とサービスの事で、認知症を患っている人たちが共同生活を送る場所の事です。介護スタッフは、認知症の方の「残存能力」を活かす方向で、生活全般をサポートする仕事を行います。グループホームで働く事を目指す人は、グループホームの仕事内容や給料について知っておきましょう。またグループホームで働くための資格についても確認しておくといいでしょう。これ以外にも仕事中に注意したい事についても紹介します。

  • まずはどんな施設かを知ろう

    続きはこちら
    まずはどんな施設かを知ろう

    グループホームは、認知症になった人たちが介護スタッフのサポートを受けながら共同生活を送る施設です。介護スタッフは24時間常駐します。地元密着型の施設なので、グループホームのある市区町村に住民票がある人だけが利用できますが、他にも入居するための条件がいくつかあります。また、適度に刺激がある共同生活を住み慣れたエリアでする事で認知症を遅らせる効果が期待できます。家族は認知症の知識のあるスタッフに任せる事で安心できますし、介護の負担が減るというメリットがあります。

  • 仕事内容とお給料事情を知ろう

    続きはこちら
    仕事内容とお給料事情を知ろう

    グループホームの介護スタッフの仕事内容を紹介します。グループホームは入居者の「自立支援」のための施設です。入居者ができる事はできるだけ本人に任せて、できない部分をサポートしますが、家事の代行や、排せつや入浴のサポートが仕事の基本になります。また24時間、介護スタッフが常駐する必要がありますので、シフト制の勤務になります。年収の相場は240万円前後と、新卒社員の給料としては高めの設定になっています。今後仕事内容が変化して労働環境が厳しくなった時のために報酬のアップも検討されています。

  • 仕事中注意していきたいこと

    続きはこちら
    仕事中注意していきたいこと

    グループホームで働きたい人は、グループホームで介護スタッフが行う仕事内容を正確に知っておきましょう。その上で、施設ごとに入居者の傾向が違い、担当する仕事内容が大きく変化する事も知っておきましょう。自分がグループホームでの仕事に何を求めるかを知り、求める事を達成できるような職場を選ぶようにします。そのためには働きはじめる前の事前の調査が大切です。施設の事を何も知らずに、いきなり職場に飛び込むような働き方は避けましょう。

  • 必要な資格や資質を確認しよう

    続きはこちら
    必要な資格や資質を確認しよう

    グループホームで仕事をしているスタッフは、仕事の中心になる「ケアマネージャー」と資格を持たすに働きはじめる事ができる一般的な介護スタッフがいますが、基本的に資格がなくてもグループホームで仕事をすることはできます。また認知症を患っている入居者のサポートをするのが仕事ですから、「家事が得意」で「コミュニケーション能力が高い人」が仕事に向いています。まずは自分の性格で仕事が務まるかどうか確かめてみましょう。

Copyright (C) 2018 グループホームを知ろう All Rights Reserved.