グループホームを知ろう

グループホームで働く資質と特徴を紹介

おすすめ記事 実務者研修

必要な資格や資質を確認しよう

グループホームで働くスタッフの種類とは?

グループホームは認知症を患っている人達ができるだけ症状の進行を遅らせながら共同生活を送るための施設です。そして認知症患者さんをサポートするのが、介護職のスタッフの仕事です。まず、グループホームにはどのような介護職のスタッフが働いているのか知っておきましょう。
絶対に必要な職種が「ケアマネージャー」こと介護支援専門員です。グループホームにはケアプランを作る「計画作成担当者」を置くルールがあります。そして計画作成担当者はケアマネージャーの資格を有している必要があります。その他の一般的な介護スタッフは特別な資格を取得しなくても働く事ができます。資格取得の必要はありませんが、認知症患者のサポートをするために必要な最低限の知識を身に付けている必要があります。「介護職員初任者研修」などの資格を取得してから働いた方が入居者にとっても介護スタッフにとっても良い事は間違いありません。さらに看護師など医療系の資格を持つ人もグループホームで働いているケースもあります。

グループホームで働くスタッフの種類とは?

介護スタッフとして必要な資質とは?

グループホームで仕事をする事に向いている人には共通する資質があります。まず「家事が得意」という点です。グループホームの仕事は共同生活を送る認知症患者さんをサポートする仕事です。掃除や洗濯、食事のサポートなどを日常的に行う家事代行のような側面を持っているため家事が苦手な人には楽しくない仕事かもしれません。また入居者は認知症を患っているために不安な気持ちを抱えている人が少なくありません。コミュニケーション能力が高い人や誰とでも仲良くなれる性格の人は、グループホームで活躍しやすい人といえます。また認知症の入居者がケガをしたり、迷子になったりしないよう十分に気を配る事ができる責任感が強い事もグループホームで働く介護スタッフにとって大切な要素になります。

介護スタッフとして必要な資質とは?

グループホームで働く時に注意したいポイントとは?

グループホームに入居している方々は、「要支援度2以上」の人ばかりです。もちろん進行がさらに進んでいる入居者がいる可能性もあります。要支援度が高い入居者が多い施設ほど仕事が大変になります。どのような入居者に対しても適切に対応するための経験を積んだ人は良いですが、まだ介護スタッフとしての自分に自信がない人は入居者の要支援度が軽い職場で働きはじめた方が良いかもしれません。グループホームで働く事になったら、実際に施設を訪れて施設の状況、入居者の具合を確かめる事をおすすめします。逆にいえば、認知症の要支援度が高い患者さんを担当する事になれば身体介護に関する経験を積む事ができるということです。介護技術を習得するために貴重な経験を積みたいと願う人は、あえて要支援度が高い入居者が多い施設で働く事をおすすめします。
いずれにせよ、働く可能性があるグループホームには就職を決める前に直接訪れて状況を確かめる事をおすすめします。

グループホームで働く時に注意したいポイントとは?
Copyright (C) 2018 グループホームを知ろう All Rights Reserved.