グループホームを知ろう

グループホームの特徴と役立つ資格

おすすめ記事 実務者研修

取得しておきたい資格を紹介

取得しておきたい資格を紹介

グループホームで働くために必要な資格はありませんが、資格を取得しておいた方が仕事にスムーズに入れる、給料や待遇が良い状態で働ける、などのメリットがあります。そこでグループホームで働く人が、取得しておきたい資格を紹介します。仕事を始める前や始めた直後に取得したいのが「介護職員初任者研修」です。介護についての基本的な知識を学ぶ事ができます。さらに「実務者研修」の資格を取得し、「ケアマネージャー」の資格を取得するのが王道のキャリアとなります。

  • 介護職員初任者研修

    続きはこちら
    介護職員初任者研修

    グループホームで働くために特別な資格を取得する必要はありません。しかし資格を取得していると給料や雇用形態が良くなるなどのメリットがあります。受験資格がない「介護職員初任者研修」の資格は、介護職を目指す人が最初に資格取得を目指すのにぴったりです。130時間のカリキュラムを終了後、筆記試験に合格すれば資格を取得する事ができます。グループホームで働く前に必要な知識を身に付けるために、介護職員初任者研修の資格取得を目指しましょう。

  • 実務者研修

    続きはこちら
    実務者研修

    「実務者研修」の資格は介護職員初任者研修の次に取得を目指したい資格です。介護業界の仕事内容が幅広く複雑になった事を受けて、国家資格である「介護福祉士」が担う役割が重くなりました。そんな介護福祉士を目指す人のレベルアップを目指す過程で作られたのがこの資格です。実務者研修の資格は知識が広がるばかりか初任者研修ではできなかったちょっとした医療的行為も行うこともできます。また、この資格を取得すれば介護福祉士を目指す事ができます。介護業界でキャリアアップを目指したい人にとって絶対に取得したい資格です。

  • ケアマネジャー

    続きはこちら
    ケアマネジャー

    「ケアマネージャー(介護支援専門員)」は介護保険制度が施行されたのをきっかけに誕生した資格です。介護保険制度と要介護者、家族の間をつなぐ重要な役割を担います。ケアマネージャーは「要介護認定業務」や「給付管理業務」なども行いますが、一番大切な仕事は「ケアプランの作成」でしょう。その他の介護職員はケアマネージャーが作成したケアプランの通り、介護サービスを行いますので、要介護者の状態や要望を見極めて適切なケアプランを作成する必要があります。

Copyright (C) 2018 グループホームを知ろう All Rights Reserved.