グループホームを知ろう

グループホームの特徴と役立つ資格「介護職員初任者研修」

おすすめ記事 面接で気をつけたいこと

介護職員初任者研修

介護スタッフなら取得したい!「介護職員初任者研修」について

介護の仕事を大きく2つに分けると「生活援助」と「身体介護」になります。生活援助は掃除や洗濯、料理や買い物など、家事のお手伝いをする仕事です。身体介護は食事や入浴、排せつなどの支援を行う仕事です。グループホームなどの介護施設でも、介護サービスを利用する人の家で行う訪問介護でも、仕事の基本は同じです。
仕事の1つの柱である身体介護をするためには何かしらの介護の資格を所有する必要があります。もっとも簡単に取得できる資格は「介護職員初任者研修」で、3か月程度で取得可能です。これから介護の世界で活躍したいと思う人が最初に資格取得を目指す「入場切符」のような資格といえるでしょう。かつてはホームヘルパー資格や介護職員基礎研修などの資格がありましたが、現在は制度が変わり、介護職員初任者研修が入門的な資格として唯一の存在になっています。全過程を修了した後に試験があり、合格しないと資格を取得する事はできません。ただし難易度は高くないため、真剣に受講していれば誰でも資格を取得する事ができるはずです。

介護スタッフなら取得したい!「介護職員初任者研修」について

資格取得のメリットを知りましょう

介護職員初任者研修の資格を取得すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。まず介護の仕事の基礎を知る事ができるため、不安なく仕事を始める事ができます。グループホームの仕事を始めるために特別な資格は必要ありませんが、全く介護の知識がなく始めるのには、難しい仕事が多く含まれています。介護職員初任者研修の資格取得を通して介護の仕事についての理解を深めていれば、躊躇せずに仕事に入る事ができるはずです。また資格取得者という事で、給料が高くなる、正社員として雇用されるなど待遇が良くなる可能性があります。より良い給料で働きたい人にとっては得られるメリットが大きいでしょう。また介護の資格を取得するためには大学や福祉系の学校に通っていないと受験ができない、ハードルが高いものもあります。介護職員初任者研修の資格は受験資格が問われていませんので、無資格からのステップアップにちょうど良いと思います。
介護職員初任者研修の資格を取得して、実務経験を積みながらさらに上のランクの資格にチャレンジしましょう。

資格取得のメリットを知りましょう

資格取得のために必要な時間とお金について

介護職員初任者研修の資格を取得するためには130時間の講習を受ける必要があります。「職務の理解」「介護における尊厳の保持・自立支援」「介護の基本」「介護・福祉サービスの理解と医療の連携」「介護におけるコミュニケーション技術」「老化の理解」「認知症の理解」「障がいの理解」などの授業を受けて、介護に関する基本的な知識と考え方を学びます。さらに「こころとからだのしくみと生活支援技術」を学んでいきます。すべてのカリキュラムが終了した後、筆記試験を受けますが、合格難易度は低く、仮に試験に落ちても追試を受けて合格を目指す事ができます。また、受講料は6万円から15万円と研修実施校によって幅があり、中には勤務している施設が無料で資格取得の授業を受けさせてくれるところもあります。

資格取得のために必要な時間とお金について
Copyright (C) 2018 グループホームを知ろう All Rights Reserved.